iphoneケースとVRが出会った

スポンサーリンク

スマホアクセサリーもVR市場に期待

スポンサーリンク

必ず議論されること

VRの市場成長を議論する際に、必ず登場するのが”わざわざ”ヘッドセットつける??である。

いくらコンテンツに没入できて、未知の世界を追体験できたところで普通に面倒くさいからイノベーター・アーリーアダプター層を超えていけず、いわゆる『キャズム』を超えることができずに一般消費者へドドッと普及しかないのでは、という見方だ。

現在、VR市場には世界を代表する企業が続々と参入している。

このような状況から2016年はついに『VR元年』といわれ、キャズム越えを果たしていくのではと期待されている。

キャズム越えはスマホアクセサリーも担う

このような状況の中でVR市場の普及の一端を担えそうな面白いアイテムがある。

その名も『Figment VR

2015_12_01_sato_nobuhiko_001_image_02

この『Figment VR』は、いわゆるスマホケースだ。普段はスマホケースとして活躍し、VRコンテンツを見る時に、スッとVR眼鏡を出して視聴する。終わったらサッとたたみこんでスマホケースにしまうという具合だ。なので、スマホ―ケースとVR眼鏡の両方の機能を持ったiphoneケースということだ。

Figment VRを使用可能なiPhoneは、「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s Plus」とのこと。

なんとスタンドにもなる優れもの

しかも、スマホユーザーには本当にうれしい、スマホスタンドにも早変わり。

これでVRが特別なものではなく、普段のスマホ生活の中にある世界だということがメッセージとしても伝わってくるし、『キャズム』を超えるかもしれない大きなスタートアップだと思う。

現在クラウドファンディングで資金調達中で、販売が待たれる!!

気になる人は→をチェック KICKSTARTER

2015_12_01_sato_nobuhiko_001_image_04

動画発見!百聞は一見にしかず

要チェック!

引用:http://japan.cnet.com/news/service/35074283/?tag=cleaf_relstory_logly

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加