中国発ヘッドマウントディスプレイ baofeng mojingとは

スポンサーリンク

中国の気になるVR事情

中国のVR市場について別記事でも紹介したところだが、基本的にはモバイルVRが牽引しテイクと予測されている。(タイトル:中国のVR市場はどんな感じ?をまとめました)参照

そのなかでも紹介されていたbaofeng mojingについてまとめてみました。

ちなみに漢字では「暴风魔镜」と書きます。

公式HPはhttp://www.mojing.cn/なので興味ある方は一度、Google先生に翻訳を頼みながら見てみるのもおススメ!

スポンサーリンク

baofeng mojingって?

そもそも読み方が難しいが「バオフォン・モージャン」と読む(はず)

中国にある企業である。

中国のストリーミング会社であるBaofeng社(バオフォン)の子会社のようだ。

2015年4月には投資家からUS $ 10万ドルの調達に成功している。

主な投資企業は映画会社Huayi Brothers、音楽会社Tianyin、携帯会社Aisidiなど。

どんなHMDなのか

  1. スマートフォンをセットする
  2. Bluetoothコントローラーが付属している
  3. 人民元99(US $ 15)で販売している
  4. 互換性::4.7から6.0インチ(Android)iPhone 6 / 6S / 6プラス/ 6Sプラス
  5. 対応アプリ:Google Play Store or iTunes App Store、official Mojing APP
    ios_baofeng
    販売サイトから引用:http://www.gearbest.com/virtual-reality/pp_253250.html▼ショッピングサイトの商品PR動画


baofeng3
baofeng4baofeng

baofeng5
既に中国のECサイトでは販売されている。

日本ではまだまだ情報が少ないbaofeng mojingだがやはり人口も多く、中国のスマホ普及も一部の記事によるとスマホ普及率は74%で都市部に限定すればほぼ100%に近いといわれている。様々なメーカが参入し、デファクトスタンダードの奪い合いが過熱する中、baofeng mojingからも目が離せない。

参考:http://blog.goo.ne.jp/maikawa/e/e5e17f7ea1596595284f235b2637833b

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加