世界有数のVR市場を分析する企業「SUPERDATA」社のレポート

スポンサーリンク

予測を出した、SUPERDATAとは?

アメリカ・ニューヨークの調査会社。

パソコン・モバイル・コンソールを含むビデオゲーム市場の市場情報を提供する企業であり、
ベテランのゲーム業界の研究者によって設立されている。
ゲーム以外にもストリーミング・esport・VR関連の調査も消費者動向も提供する。

様々な企業がその調査結果をマーケティングに活用している実績豊富な会社のようだ。

workwith

そんな企業がVRについての予測を発表。

スポンサーリンク

まずは、2016年の予測

下の世界地図に記された金額を見てほしい。2016年の世界のVRの市場規模としては5.1億ドル(2016年3月時点のレートで約578億円)を見込む。内訳は以下の通り。

  1. ヨーロッパ圏:$1.9B
  2. 北アメリカ:$1.5B
  3. アジア圏:$1.1B
  4. その他のエリア:$0.6B

SuperDataVR

そして、VRデバイス別の市場予測も

VRA
同社のVRデバイス別の市場予測は以下のようになっている

  1. Google cardboardのようなライトなVRツール 約71%
  2. OculusのようなハイスペックなPCが要求されるVRデバイス 17%
  3. Samsung GearVRのようなややプレミアム感あるVRツール 7%
  4. PSVRのような一体となっているコンソール型のVRデバイス 5%

このような結果になった理由として

VRの市場はワールドワイドに若年層が高い関心を持っている

しかし、ハイエンドクラスなど買えるお金を持っていない

そのためGoogle cardboardのようなライトなVRから普及するだろう

ハイエンド系のデバイスは18歳から54歳までの所得がある世代が牽引する

とまぁこのような理由であるという。あたりあえといえばあたりまえだが、肝心なのはそこを見込みしてライトなVRツールを先行して普及させようとしたGoogleなどの取組に関心してしまう。

いずれにしても、世界を巻き込んだVRの市場シェア争いから目が離せない。

引用:https://www.superdataresearch.com/market-data/virtual-reality-market-brief/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加