サザエさんのVRゴーグルの疑問を解いた。

スポンサーリンク

前回の記事でも書いたのだが、2016年4月からのサザエさんオープニングは『佐賀県』。2015年に世界遺産に登録された『三重津海軍所跡』が登場するシーンで、サザエさんがVRゴーグルを手にし、明治時代へ回顧していく。

©Fuji Television Network,

ここで超個人的でありどうでもいいことだが知りたいことがあったので調べてみた。

疑問

その1 なぜVRゴーグルを使ったのか?

その2 一体、どのデバイスをイメージしているのか?

スポンサーリンク

疑問その1の”解”

あれはサザエさん側の意向で、明治世界遺産の当時を見れる方法としてVR/ARの技術を取り入れたわけではなく、実は観光PRとして既に佐賀が実施しているものだった!

「三重津タイムクルーズ」

と称された、佐野常民記念館が実施している企画なのだ。

概要

「三重津海軍所跡」をわかりやすく紹介するため、当時の様子をイメージしたCG映像をVR(バーチャルリアリティ)機器等で体感できる「三重津タイムクルーズ」を佐野常民記念館に設置しています。約160年前の海軍所の様子を、最新の機器を使ってリアルに体感することができます。

場所・利用時間

佐野常民記念館(佐賀市川副町大字早津江津446-1)

利用時間:9時から17時(VR-SCOPEの貸出最終受付は16:30です。)

休館日:月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は翌日)

三重津タイムクルーズの利用料:無料

(注意)雨天時はVR-SCOPEの貸し出しを行っておりません。

https://www.city.saga.lg.jp/main.php/23769.html

この「三重津タイムクルーズ」でVR技術を使った取組が2つある。

①オキュラスリフト(ヘッドマウントディスプレイ) ~第2章 時空を超えて~(記念館1階
最新のVR機器を使ってCG映像を楽しむことができます。当時のイメージ映像を360度見渡すことができ、あたかもそこにいるかのような臨場感を体感できる。

②VR SCOPE ~第3章 三重津ウォーカー~
天気の良い日は、三重津海軍所跡を歩いてみませんか。みどころポイントに到着すると音声ガイドが流れ出し、スコープをのぞくと約160年前の三重津海軍所をイメージしたパノラマ画像を見ることができる。

ということで、サザエさんはこの企画に参加し②を体験していたと思われる。
その為、必然的にVRゴーグルを手にしたということだ。

写真 3

©Fuji Television Network,

疑問その2の”解”

では、↓のVRゴーグルはどのメーカの製品なのか!気になる!

サザエさんも使っていた。VRゴーグル!さて、見ていたものとは?

©Fuji Television Network,

image (1)

これが実際に佐野常民記念館で借りれるVRゴーグル。

ソース:http://saga.mypl.net/mp/odekake_saga/?sid=34902

色々似ているVRゴーグルは多いのだが、

これは『株式会社サナリス』の「VRボックス」で有ることが判明!

実際には同社が開発・販売する『VR BOX』をカスタマイズしたものなので非売品である。

ソース:http://www.snaris.com/vr/results.html

株式会社サナリス http://snaris.com/vr/index.html

【訂正したことをご報告】

初版記事で『株式会社サナリス』の「VRボックス」ではなく某大手企業のビュアーと推察した内容をアップしておりましたが、誤りでした。ここに訂正します。関係各社様には大変ご迷惑をお掛けしました!

といこうとでまとめると・・・

  1. サザエさんは佐賀市、佐野常民記念館の「三重津タイムクルーズ」の「三重津ウォーカー」を体験しているところだった為、必然的にVRゴーグルを使っていた!
  2. サザエさんの使っているVRゴーグルは『株式会社サナリス』の「VRボックス」特注品

ソースまとめ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加