2016年8月時点のVR市場予測が発表された

スポンサーリンク

2020年まで年率約180%で成長、1620億$市場

この数字は国際的調査会社IDC(International Data Corporation)が発表したVR/AR市場予測

国際的調査会社IDCとは、日本にも存在するIT専門の調査会社でこの手の調査では有名だ。

発表された市場予測によると、VR/AR市場は2020年には現在の市場規模である52億ドルから1620億ドルまでに成長すると見込まれ、この成長予測を年率成長率に換算すると年率181.3%となるとしている。

baofeng mojing

スポンサーリンク

VRを競争市場へ

これまでのVR市場は先行優位型で一定のポジションを確立するのには時間がかからなった。

しかしここ最近のVR市場を見ると必ずしも先行優位が働いているとは思えない。

どちらかといえば、大ヒットコンテンツを様々業界を巻き込んで虎視眈々と狙っている様相に思える。その分、イベントといえばVR(仮想体験!)ものも地方でも見かけるようになり意外と市民生活に入り込み始めている。

その結果というか現況を思いながら、当予測に付け加えられた「VR/AR市場の拡大はVR/AR機器のさらなる価格低下を招く」とという文言には妙にしっくりくる。

また当予測では「VR/AR市場はまだ誕生したばかりなので、2020年までは世界のどの地域においても最低で年率100%の成長が期待できる」と今後の成長ぶりをうかがわせて〆ている。

引用:http://vrinside.jp/news/ar-vr-market-grow/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加