GoogleがスウェーデンのVRゲームベンチャー企業に出資

スポンサーリンク

Cardboardなど着実にVR市場の基盤を作ってきているGoogleから嬉しい動き。

google参加のベンチャーキャピタルであるgoogle・ベンチャーズなどがVRゲームを開発するスウェーデンのベンチャー企業であるレゾリューション・ゲームズに開発資金として計600万ドル(約7億2000万円)を出資するとのこと。

個人的にはその驚くべきところはレゾリューション・ゲームズ社の企業価値が約2500万ドル(約30億円)と評価されたそうだ。

「VR分野は向こう5年間で急速に発展するだろう。スマートフォンを持っている誰もがVR体験の核となる部分をすでにポケットに入れているため、モバイルVRは先端にある」

by グーグル・ベンチャーズのゼネラルパートナー、ジョー・クラウス氏

このようにグーグル・ベンチャーズのゼネラルパートナー、ジョー・クラウス氏はこれからのVRに対する市場のが拡大することを予測している。Googleベンチャーズはこれまでに投資してきたVR関連会社はジョーントやオルトスペースVRなどアメリカのVR関連企業だったのが今回初めてヨーロッパで投資活動をおこなったことになる。つまり、全世界でのVR拡大に大きな期待を寄せており、今やIT分野を牽引する様々な企業が有能なVR関連企業の取り合いが活発化しているのだろう。

このレゾリューション・ゲームズ社は「キャンディークラッシュ」などのゲームを開発した企業の幹部であったトミー・パーム氏が設立したという。2016年には釣りをテーマにしたVRゲームが発売される予定だそうだ。個人的にも大変期待できるし、当サイトにレビューを上げたいと思う。

このレゾリューション社のVRゲームはSamsungの『GearVR』に対応しているという。気軽に体験できるVRでる。販売先もヨドバシヤビッグカメラなどで買えるから日本でも楽しみやすい。

ベンチャーキャピタルの投資分野にもVR関連企業の話題が豊富に上る。WEBサービスのスタートアップ系企業の話題が多い中、じわじわとVR市場は着実に動き始めている。

参考 http://jp.wsj.com/articles/SB10327460236075474355904581195780819818532

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加