きたぞGoogle!Cardboardを教育分野へ!

スポンサーリンク

Googleと教育といえば、Google Apps for Education、ChromebookまたGoogle+ を通して教育者間のコミュニティ(GEG)を形成・促進するなどその真剣さたるや目を見張るものがる。

Google Appsは、今や世界約45万人の学生と教師がアプリを使用しているようだ。

そんなGoogleがCardboardを「学校向け実地見学システム」として無料提供することを発表したようです。使うスマートフォンはASUSだそう。

Google for Educationには・・・

校外学習は、実体験を通じて、1 つのテーマをじっくりと学習して理解する手段として最適ですが、いつでも気軽に実施できるとは限らず、そもそも不可能ということもあります。Expeditions を利用すれば、思い浮かぶあらゆる場所に生徒を連れていくことができ、授業が活気付くでしょう。地球を一周する、火星の表面を探索する、サンゴ礁の海に潜る、あるいは過去にさかのぼることも。抽象的な概念が Expeditions を通して現実のものとなり、教室の外側の世界を一段と深く理解できます。

と、教育とVRの可能性を伝えてくれています。

現在のコンテンツには、ヨセミテ国立公園や万里の長城など教室いながらにしてまさにその場に行ったかのような体験を提供し、生徒や学生により深く興味を持ってもらうことを目指しているようだ。

これは、海外にとどまらず、日本にも導入される日は近いと思う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加